貿易の業務を通して

貿易事務で能力をアップ

貿易事務で身につく能力

貿易事務は商社やメーカーで輸出入を行う企業で事務業務を行う職種です。輸出と輸入で行う業務が異なります。輸出は通関書類作成、通関手続きなどをします。輸入は通関手配や納入管理、関税納付、消費税納付などを行います。コミュニケーション能力も事務処理能力同様に求められます。補助的な業務をする人もいれば、通関士資格を取ってより専門的な業務に携わる人もいます。この仕事を行うと、輸出入の知識の他、調整能力や事務処理能力を身に着けることができます。

↑PAGE TOP