ビジネスとSFA

ビジネスとSFAについて

ビジネスにおけるSFAの種類

SFAとは営業支援システムと訳されています。ビジネスにおいて営業の顧客情報などを入力して次回訪問の日程管理をするなどの一覧性のシステムというのが一般的に認知されているものです。個々の種類は人員の管理、顧客の管理、評価や実績、さらには在庫の管理まで広範囲がありますが、これらを統合してシステムにして、営業部門単位で情報を共有してゆくことが目的です。万が一欠員が出たらどうするか、といった危機管理にも活用されます。ビジネスにおいては、こうしたシステムに管理されるのではなく、これらを参考に積極的に戦略をたててゆくことが重要なことを認識する必要があります。

SFAは意識を持って利用する

ビジネスの世界に於いてSFAは営業効率を飛躍的に向上させる手法として注目を集めており、多くの企業で導入されています。顧客データベースなどを効果的に利用することで、従来は営業マン個人に依存していたノウハウを平滑化させることができます。しかし、その利用方法によっては効率が上がるどころか、逆に影響効率を下げてしまうことも有るので注意が必要です。営業効率を向上させるためには、自社のビジネスモデルをしっかりと把握し、これに合ったものを導入することが非常に重要です。SFAを効果的に利用するためには、その特長を良く理解した上で十分に比較し、自社に最適な導入を行うことが大切です。

↑PAGE TOP